ENGLISH | JAPANESE

タナカフィロソフィー

  はじめに

自動車は、フォードが世界で初めて大量生産して1世紀余りが経ちました。そして今、この自動車に対する社会のニーズは、単なる移動手段としての価値から、AIやIoT等先進技術の活用によって、様々な『こと』が可能となる新しい価値を持ったものに進化しています。このような社会のニーズの変化にグローバルにかかわり、持続的な成長を図っていくために、『タナカフィロソフィー』を将来に向けた世界観で見直し、新たに作り上げます。

  タナカフィロソフィーの位置づけ




※ 本フィロソフィーはタナカグループ全世界共有のものである。ただし「行動指針」については、海外の拠点がその地域の慣習やルールを考慮する。

  タナカフィロソフィー

社是

会社は働く人々みんなが しあわせ になるために努力する場所である

経営理念

     1.社員が自身の夢実現に向けて努力できる会社にする
     2.お客様に対して優秀品を最も良心的に提供する会社にする
     3.社会一般からも信頼される会社にする

行動指針

     1.何事にも自分ごとで考える
     2.日々の業務に誠実に取り組む
     3.失敗を恐れずに果敢に挑戦する
     4.関連する業務を意識して行動する
     5.積極的に技能向上意欲を高める

  解説

      社是とは、田中精密グループのありたい姿を表しています。
      経営理念とは、社是を達成するために欠かせない考え方を表しています。

  • 経営理念1.
         『社員が自身の夢実現に向けて努力できる会社にする』とは、田中精密グループは個々の社員が持っている夢を実現するために頑張れる会社にすると同時に、いろいろな夢を持った人が集まれる会社でありたいという考えです。
  • 経営理念2.
          『お客様に対して優秀品を最も良心的に提供する会社にする』とは、お客様(=仕事で関係する人々全て)のニーズを充分に理解し、喜んでいただける提案ができる会社にしたいという考えです。
  • 経営理念3.
          『社会一般からも信頼される会社にする』とは、仕事で直接関係する人々以外からも信頼される会社にしたいという考えです。

      行動指針は、 私たちが目指す行動を表しています。(全五ケ条)

      1.『何事にも自分ごとで考える』とは、       経営理念の「自身の夢実現」、「お客様の喜び」、「社会の信頼」に対して、自分の役割から何をすべきか、一人ひとりが自ら考えて、組織、会社をより良く改善することを指します。
      2.『日々の業務に誠実に取り組む』とは、一人ひとりにとってのお客様(=仕事で関係する人々全て)や社会から信頼されるよう行動することを指します。
      3.『失敗を恐れずに果敢に挑戦する』とは、社会のニーズの変化に対する感度を高めるとともに、挑戦を大切にし、失敗してもあきらめずに努力を続け、最終的には成功の喜びを勝ち取ることを指します。
      4.『関連する業務を意識して行動する』とは、仕事には必ず何かしら関係する人々が存在しており、それを踏まえて私たちは、その人々が受ける影響を考えて行動することを指します。
      5.『積極的に技能向上意欲を高める』とは、お客様や社会からの高レベルのニーズに応えられる技能の追求だけではなく、自分の将来を考えて積極的に学び続けることを指します。