ENGLISH | JAPANESE

自動車部品

高精度、高性能が求められる「機能部品」

TANAKA PRECISION (THAILAND) CO., LTD. の製品は大きくオートバイ、自動車の部品、汎用部品の3領域に分類されます。オートバイ、自動車の部品群はエンジン部品、ミッション部品、フレーム部品、シャーシ部品の4つに分けることができます。それらは自動車の機能を大きく左右する「機能部品」と称されるもので、高精度、高性能が要求されます。 TANAKA PRECISION (THAILAND) CO., LTD. はこれからの「機能部品」の供給を通じて、オートバイと自動車のもつ限りない可能性の追求と実現に大きく貢献しています。

エンジン部品

TANAKA PRECISION (THAILAND) CO., LTD. では1997年から外径寸法4μ (ミクロン)管理のピストンピン、2007年から鍛造仕上品のバルブスプリングリテーナー、さらに新しく進化したアルミのロッカーアームアッシーを量産しています。 親会社の田中精密工業(株)は、ホンダのVTECエンジン開発にエンジニアを初期より参画させ、VTECロッカーアームアッシーの製品化に貢献しました。また四輪自動車部品に特化した第2工場が2006年に完成。 以来、第2工場で量産するアルミのロッカーアームは、弊社の自動車部品主力商品となっています。

シャーシ部品

等速ジョイントを支えるシャーシ部品のうち、マレーシア、中国輸出向け製品として、ローラーアッシー、アウトボードリテーナーの量産を2009年より開始しました。これらの部品は車の乗り心地に大きく作用する機能部品で、ミクロン、サブミクロンの精度が要求されます。